農園も初夏の装いになりました。

 

梅や桜がここぞと花開き、豊作のコゴミやアスパラガスを堪能した春も終わり、畑のそばの藪椿の森には、あでやかな藤のベールが滝のように掛かって楽しませてくれました。

渡り鳥の多くも去り、虫たちの姿が頻繁に見られる中、夜の鹿の群れの畑への侵入事件は後を絶たず、ネットフェンスの修理に追われる日々でもあります。

今年は、家の庭に生えていた擬宝珠の若葉たちが、鹿にすっかり食べられました。かなり食料不足のようですね。

過去1年、ほとんど名古屋に出かけていて、畑の手入れを
怠っていたため、畑もフェンスもかなり荒れていましたが、現在少しづつ復旧しつつあります。

健幸学研究の傍、今年はもっと頻繁に畑と関わりたいと思っています。

 

秘密の花園?

 

藤棚の下にはコゴミの群落とキウイの棚、そして椿の森の奥には、椎茸園があります。


道路から奥に続く、この畑の雰囲気は、少し秘密の花園めいたものがあり、私が好きな場所です。

毎日ブランチのたびに見晴らす和氣の山や畑が、新緑
から夏の力強さに変化してきています。

 

今年は例年に比べ、かなりツバメが少なく、
また蝶々が多い割に蜂が少ないように感じられます。

擬宝珠の若芽(うるい)や、草蘇鉄(こごみ)の若芽、それにアスパラガスも今年はたっぷり味あわせてもらえました。

What's New

勝ZがAmazonから出版したkindleブックが「家庭、医学」の新着ランキングで1位を取りました。

勝Zがアマゾンからkindleブックを出版しました。
タイトルは、
このままじゃ長生きしても医療費破産、介護費地獄!
希望のカギは「健幸自立」
という本です。

この本はまずAmazonの商品写真の下にあるkindleという無料ソフトをダウンロードしておいてから、購入する電子ブックす。
1冊780円です。
専用のkindleと言う端末も売っていますが、アイフォンやアイパッド、パソコンなどでも読めます。
やり方は、こちらをご覧いただくと分かりやすいと思います。

これも、支えて下さった読者の皆様のお蔭と深く感謝しております。

 

勝Zゆみ姉 の
「ラジオでありがとう」

 

私たち夫婦がゆめのたね大学の実習で収録した「ラジオでありがとう」をお聞きください。

これをやったことで、私たちは多くの気づきと内なる完結を体験しました。
ご参考になればと思いアップしておきます。
(現在 パーソナリティーはお休みしております。)

 

Link