プロフィール

「イノチネ倶楽部 主宰 勝Z(かつじー)」の自己紹介

 

年 令:76歳

出身地: 兵庫県

好きなこと: 自然農の畑作りと創作料理作り。

 

今取り組んでいること:
    
      

      目からウロコの新しい健幸学
       (量子論的健幸論)を軸とする
       真健幸道を確立し、
       医師や薬にお世話にならず、死ぬ間際まで健幸に生き切る人を増やす。
       =健幸自立・生涯現役の実現
       ・・・当面は「健幸カフェ」や「真健幸道基礎コース」を開設。
       遠隔地でも、6人以上集まって頂ければ、出張講座いたします。
       また、「健幸創り」をテーマとした講演もお受けいたします。
     ② Amazonからkindle版で出版した
       「このままじゃ、長生きしても医療費破産・介護費地獄!
        希望のカギは『健幸自立』 勝Zの真健幸道シリーズ①」
        の続編としてシリーズ②実践編を執筆中

     ③ 「現代医学の矛盾に目覚め、本当の健幸創りに取り組む一般の方々」と、
       「対症療法を止め、根本治療と健幸指導を行う医師としてスタートしたい
       ドクター」を結び付け、医師の皆さんの生活の基盤を整えるために、
       日本ホリスティック・ウェルネス協会を設立すべく準備中。
     ④ 和気イノチネ倶楽部を、気づきと自立の足場として、
       心ある人々に利用していただく。
     ⑤ お世話になっている、岩戸の部落や和気の街の発展のために、
       経験や知識を活かして、可能なかぎり、関わらせていただく。

 

ビジョン:① 真健幸道の普及と日本ホリスティック・ウェルネス協会の発展により、
       (病気にフォーカスする)「病院」という名前を廃止し、全ての病院が、
       健幸創り指導中心の施設として「健幸院」に変わる時代を実現する。
              ②  新しい時代の社会の雛形になるような、誰もが自分らしさを最大限に
       発揮しながら、支え合って生きる天恵自足循環型のホリスティック・
       ヴィレッジ「弥栄村」を作る。
      

 

 

 「あ ほ~庵主 由実ねぇ」の自己紹介

 

年令:53歳


出身地:愛知県

 

好きなこと: 

      自己探求と人間観察
      デザインとエネルギー(および意識波動)両面からの空間創造。

 

今取り組んでいること: 
     
     ① 一人ひとりが、ありのままの自分を認め、受け入れ、許し、愛する
       ことを通して、自己受容を深め、
       結果として人をも愛し受け入れられるようになるサポートをする。
     ② 一人ひとりが、生まれて来るときに描いてきたライフシナリオを
       思い出したり、自分の天分や本領に合う新たな人生シナリオを
       描くお手伝いする。「産土(うぶすな)ライフシナリオ・コーチング」

     ③ 個性分析やカタカムナ、キネシオロジーの学びと実践

     ➃ 自立と自己成長を目指す人のために、ライフナビゲート・
       コーチングを展開する。
     ⑤ 声の響きを使った魂目覚めのワークを実現するチャレンジ。
    
     
ビジョン: 
     ① 誰もがワンハートで繋がっていることを自覚し、喜びに生きられ
       るようになること。宇宙に感謝の量を増やすこと。

     ② 誰もが 自分を動かしている「意識」と「無意識」の関係や
       心身のメカニズムを正しく理解し、本来の能力を活用できるように
       なる道を追求する。

     ③ 誰もが自分らしさを最大限に発揮しながら、支え合って生きる
       天恵自足、 循環型のコミュニティーを創る。

 

What's New

勝ZがAmazonから出版したkindleブックが「家庭、医学」の新着ランキングが1位を取りました。

勝Zがアマゾンからkindleブックを出版しました。
タイトルは、
このままじゃ長生きしても医療費破産、介護費地獄!
希望のカギは「健幸自立」
という本です。

この本はまずAmazonの商品写真の下にあるkindleという無料ソフトをダウンロードしておいてから、購入する電子ブックす。
1冊780円です。
専用のkindleと言う端末も売っていますが、アイフォンやアイパッド、パソコンなどでも読めます。
やり方は、こちらをご覧いただくと分かりやすいと思います。

これも、支えて下さった読者の皆様のお蔭と深く感謝しております。

 

勝Zゆみ姉 の
「ラジオでありがとう」

 

私たち夫婦がゆめのたね大学の実習で収録した「ラジオでありがとう」をお聞きください。

これをやったことで、私たちは多くの気づきと内なる完結を体験しました。
ご参考になればと思いアップしておきます。

 

Link