勝Zの独り言

イノチネ倶楽部を主宰する 勝Z と ゆみ姉は、再婚同士の年の差夫婦です。
勝Zが59歳でゆみ姉が36歳のときに出会い翌年結婚しました。

勝Zはエリートを目指して、もっともっとと上を目指し続けて成人し、受験戦争や
一流企業での出世競争らしいものも体験し、常に頑張り続けた後に大きな挫折を
体験し、どん底とも言える状態から立ち上がってきた男です。

 

それに対し、ゆみ姉は幼い頃から、エリートや力を持つものに反感をもち、小児鬱の
状態の中で、ある意味で世の中の全てを冷ややかに眺めながら、反骨と自由に生きて
きた女です。

 

2人は年令だけでなく生育歴も正反対に近いのですが、目指している方向性だけは
共通しています。

 

結婚して16年ですが、ほとんど24時間一緒にいるのに、お互いに全く飽きることが
無いのが不思議です。

年の差と生育歴の違いから来るお互いの視点・観点の違いを知ることが、この上なく
面白く、気づきも多く役に立つから飽きないのかなあと思います。

 

2人が今願っていることは、

 ★ 一人ひとりが自分の素晴らしさと自分が本当はどうありたいかに気づき、

 ★ ありのままの自分の心と繋がって、本当にしたいこと、喜びにつながることを
   存分にやって生きる、

 ★ 自分の人生に起きることは、自分が引き起こしているのだという観点にたち、
   自分の選択に責任を持って生きる、つまり、人々が自分軸で立ち、自立して
   自己成長し続ける人生を生き始めるのをサポートする産婆役として生きて

   行きたいということです。


そしていずれ、そんな自立した人たちが繋がりあい、それぞれの持ち味を生かしあい
与え合って生きる自立循環型のコミュニティー(ホリスティック・ビレッジ)を創る
ことがライフビジョンなのです。

 

一人でも多くの、同じような方向性を目指している仲間たちと出会い、夢を分かち合い、
手をつないで前進して行けたら、こんなに嬉しいことはありません。 

 

 

What's New

勝ZがAmazonから出版したkindleブックが「家庭、医学」の新着ランキングが1位を取りました。

勝Zがアマゾンからkindleブックを出版しました。
タイトルは、
このままじゃ長生きしても医療費破産、介護費地獄!
希望のカギは「健幸自立」
という本です。

この本はまずAmazonの商品写真の下にあるkindleという無料ソフトをダウンロードしておいてから、購入する電子ブックす。
1冊780円です。
専用のkindleと言う端末も売っていますが、アイフォンやアイパッド、パソコンなどでも読めます。
やり方は、こちらをご覧いただくと分かりやすいと思います。

これも、支えて下さった読者の皆様のお蔭と深く感謝しております。

 

勝Zゆみ姉 の
「ラジオでありがとう」

 

私たち夫婦がゆめのたね大学の実習で収録した「ラジオでありがとう」をお聞きください。

これをやったことで、私たちは多くの気づきと内なる完結を体験しました。
ご参考になればと思いアップしておきます。
(現在 パーソナリティーはお休みしております。)

 

Link