素直に「ただ聴く」・・・ということの素晴らしさ。

今日は健幸塾に若いカップルが来てくださった。
地球環境を守り、命溢れる星に戻したいと意欲に燃えるお二人。
9月23日には岡山で「地球愛祭り」というのを主催されるとのこと。

 

お2人にとって、量子物理学から説明する健幸論はもちろん、病気のメリットなどという
視点は予想外だったようですが、とにかく純粋で素直に聞いてくださるので、とても
気持ちよくお話させていただきました。
おかげで、ジジ・ババ2人がピンポンしながらの進行も、スムーズに展開させて頂けた

感じでした。


お2人の陰で、素直に「ただ聴く。」ということの素晴らしさを教えていただいたよう

気がします。翻って、私にこんな素直な聞き方が出来るときがあるだろうか?と
思わず自問してしまいました。 

 

今は自動車関係の仕事をして居られる彼氏の話しですが、農園に入って土に

触れているときに、自分のエネルギーが最大限に高まり体中が充実する気がした。
場というものが人体や健康に大きく影響しているのかと思われたそうです。

 

「私」という存在は量子の海に浮かんだ量子の固まり。その物理的形状を創造し、
維持しているものが情報なら、周りの量子の海の純度や波動の乱れが影響する

のも自然なことだと思われます。

だからこそ、人が住みなれた既知の世界つまりコンファタブルゾーンから踏み出す
というチャレンジを選ぼうとするとき、愛に包まれた安全な「場」の存在が大きな

助けになるのだと思うし、私たちは「あ ほ~庵」をそのような場に磨き上げること

を、大切な使命の一つと考えて努力しているのです。

 

彼氏の方が年に何度か軽いぎっくり腰になるというので、

「ぎっくり腰というのは、今やっていることが自分の命がやりたいと思っていることと
異なるのに、頑張ってやり続けようとするときに起きることが多いようです。」
そんな話をしたのですが、話が終わりに近づく頃、彼氏ご自身の口から、
「私のぎっくり腰も、そのケースのようです。今の仕事もそれなりに楽しいと思って

いますが、本当はもっとやりたいことが他にあるというメッセージのようです。」

と素直なコメントが発せられました。 

 

農園で土に触れたときの体験を話してくださったときのイキイキした表情とエネルギー
が改めて思い出されました。 

 

自然農についても質問されたので、微生物や植物たちの意識が繋がりあっている
ということや、土と根の関係が人間の腸内細菌と腸(絨毛)の関係とそっくりなことや、
微生物たちの大きな働きのこともお話しました。 

 

お帰りになった後、女性の方からメールをいただきました。
「お話を聞いてるうちに私の中のこれからの地球のビジョンが見えてきました。
地球愛祭りも 皆にとっても私達にとっても 地球にとって変わるきっかけに
なれるようなお祭りにしていきたいと思ってます。 」

 

思いが現象化する。その思いが純粋で強ければ、そこに感情も加わり、現象化
はより確かなものになることでしょう。
9月23日の地球愛祭りin岡山・・・楽しみです。 

 

What's New

勝ZがAmazonから出版したkindleブックが「家庭、医学」の新着ランキングで1位を取りました。

勝Zがアマゾンからkindleブックを出版しました。
タイトルは、
このままじゃ長生きしても医療費破産、介護費地獄!
希望のカギは「健幸自立」
という本です。

この本はまずAmazonの商品写真の下にあるkindleという無料ソフトをダウンロードしておいてから、購入する電子ブックす。
1冊780円です。
専用のkindleと言う端末も売っていますが、アイフォンやアイパッド、パソコンなどでも読めます。
やり方は、こちらをご覧いただくと分かりやすいと思います。

これも、支えて下さった読者の皆様のお蔭と深く感謝しております。

 

勝Zゆみ姉 の
「ラジオでありがとう」

 

私たち夫婦がゆめのたね大学の実習で収録した「ラジオでありがとう」をお聞きください。

これをやったことで、私たちは多くの気づきと内なる完結を体験しました。
ご参考になればと思いアップしておきます。
(現在 パーソナリティーはお休みしております。)

 

Link